弁護士1

金融業者から借りたお金の返済をしていた経験があるのなら、もしかすると過払い金が発生しているかもしれません。この過払い金というものは、申請をすることで戻ってくるお金なので、興味があるのならチャレンジしてみましょう。

過払い金の請求は自分でも行えますし、弁護士に頼んで金融業者とのやり取りをすべて行ってもらうこともできます。

関連:借金をしていても利用できる。困ったときの生活保護

過払い金が発生している可能性を考える

過払い金というのは、法外な金利を支払ったことで発生するものです。この法外な金利というワードを聞いて、『まともな金融業者から借りたため、自分には関係ない話だ』と考える方もいるでしょう。確かに、いわゆるヤミ金といわれる怪しい金融業者から借りたのなら、法外な金利を取られても不思議ではありませんが、正規の金融業者ならきちんと法を守っていると考えても当然です。

しかし、正規の金融業者でも、罰せられない範囲で法外な金利を搾取していたところが存在するため、借金をしていた経験があるのならば、誰でも過払い金を支払っていた可能性があります。罰せられない範囲の法外な金利は、グレーゾーン金利と呼ばれています。

これは法律では設定してはいけないとされる過剰な金利なのですが、それに違反したとしてもペナルティは一切ありませんでした。そこに目をつけた金融業者が、それを悪用して、より多くの金利を利用者から搾取していました。

その状態がしばらく続いていたのですが、国が問題にしたため、現在ではグレーゾーン金利で支払ったお金は戻ってくるようになっています。悪用していた金融業者は多岐にわたるので、グレーゾーン金利が悪用されていた時期に借金をしていた記憶があるのなら、過払い金がないか確かめてみましょう。

なお、グレーゾーン金利が、国によってきちんと禁止されたのは2010年の6月です。そのため、それより前に借金をしていた場合は、過払い金を請求できるチャンスが大いにあります。

声を上げなければ、悪さをしていた金融業者が得をするだけなので、逃がさないためにもきちんと闘うことをおすすめします。

時効があることに注意する

かなりの額の過払い金が存在していたとしても、時効を迎えてしまっては、戻ってくる見込みはなくなります。過払い金の時効は10年と設定されているため、取り戻したいのならば、その期間を過ぎる前に申請を行いましょう。

なお、その10年は、借金をした日ではなく借金をきっちり完済した日からカウントが始まります。例えば、2006年の2月に借金をすべて支払い終わったのなら、2016年の2月に過払い金の時効を迎えることになります。

もしも、ずっと昔に借金していたため完済の時期が不明ならば、時効成立が差し迫っている恐れがあるので、すぐに行動を始めたほうがよいです。

過払い金請求は自分でも行える

弁護士5

金融業者への過払い金請求は法律のことが絡んでくるので、専門家に任せる必要があると考える方もいるかもしれません。確かに、法律の知識は必要ですが、(時効などが原因で急いでいないのなら)それは今から学んでも大丈夫です。

過払い請求についてのみ、法律の知識を学べばよいので、大して難しくはないでしょう。トラブルがなければ、もっとも安く済ませられる方法なので、とにかく得をしたい方は自身での請求を考えてみるとよいです。なお、自分で過払い金請求を行いたいなら、専門家が関わっている書籍の利用をおすすめします。

現在では、インターネット上にも自分で行う方法が載っていて、手順が詳しく書いてあるので、そちらで事足りると感じる方もいるでしょう。しかし、誰が書いたのかハッキリしない情報を鵜呑みにするのは危険なため、専門家が書いたり監修したりしている書籍を利用したほうが確実です。

法的な手続きには間違いがあってはいけないので、専門家の意見を取り入れつつ、完璧な過払い金請求を行いましょう。実際に成功した方もたくさんいるため、それらの方の意見を参考にするのもおすすめできます。

弁護士ならすべて任せられる

過払い金請求の意欲があっても、自分でやるのが大変そうだと感じるのなら、弁護士に依頼することを考えましょう。例え、借金をしていた金融会社や時期などの記憶が曖昧だとしても、リサーチしてくれるため問題なく依頼が出来ます。

弁護士ならば、金融会社とのやり取りをすべて行ってくれるため、依頼者は高みの見物で、搾取された過払い金が戻ってくるのを待つだけです。抵抗を試みる金融業者も中にはありますが、弁護士に頼めば、法的知識を駆使して最大限の金額をゲットしてくれます。

なお、弁護士に依頼するのなら、多くの案件を解決してきた過払い金請求を得意とする事務所を選ぶのが確実です。場合によっては、裁判をしなければいけないケースもあるため、より専門的な知識を持っている弁護士を雇ったほうが安心だからです。

しかも、そのような事務所の場合は、過払い金請求に関する相談が無料になっているのも大きなメリットといえます。高い料金を支払わずとも、弁護士の話を聞けますので、迷っているのなら相談の予約を取って事務所に訪れてみましょう。

ちなみに、過払い金ではなく、ヤミ金の返済に困っている方も弁護士は力になってくれます。ヤミ金は法律違反をして営業しているところが多いので、弁護士に間に入ってもらえば、支払いの減額や返済の義務自体をなくしてくれる可能性があります。

過払い金請求とは違って、ヤミ金は個人で闘うのはとても難しいので、困っているのなら弁護士に相談してみましょう。

関連:借金を自力で返す方法と注意点

どの方法を選ぶか考えよう

過払い金請求を自分で行う方法と、弁護士に頼む方法がありますが、どちらが選べばよいか迷ってしまう方もいるはずです。その場合は、自身の借金の額を考えるとよいです。借金の額が多ければ多いほど、過払い金請求できる額も多くなるため、確実に取り戻す必要が出てきます。

確実性を重視したいのなら、やはり法律の専門家の弁護士に頼むほうがよいでしょう。逆に、借金額が少なくて戻ってくる過払い金が少ないのなら、手数料が発生する弁護士に頼むメリットは多くはないので、自身で請求を行うことをおすすめします。

なお、最初は自分で手続きを行って、問題が発生したときに、弁護士に依頼するという方法もあります。手間や時間が多くかかってしまいますが、途中まで行って諦めるのはもったいないので、トラブルが起こったのなら、ためらわずに専門家に頼みましょう。

関連:国の借金である国債で資産管理を行おう

関連資料(弁護士法人アディーレ法律事務所)